防水工事もHIKARUまで

雨漏りを見つけましたらまずは専門業者である弊社にご連絡を!!

防水工事は見た目よりも防水効果を重視します。
当たり前の事ですが、雨に直接当たる場面が多いからです。
雨漏りによって腐食が始まると大きな修繕工事が必要になります。

不安を感じたら、弊社までご連絡ください。

防水工事のサインは?

防水工事は各工法により耐用年数があり、たとえばFRP防水ですと10年~15年と言われております。


環境諸条件により耐用年数に幅が有りますが、この耐 用年数はひとつの目安になります。


FRP防水の場合硝子繊維が光っていたりしてもサインですが、防水層全体的に言えますが、浮き、薄利、亀裂、脆弱箇所が あれば、メンテナンスのサインです。「外壁塗装工事をして防水工事を見逃し雨漏りしてしまった。」よくある話ですが防水もきちんとしたメンテナンスが必要です。

防水工事を行うポイントを
  • 修繕の時期が近づいている。または、長期間防水工事を施工していない。
  • 雨漏りが止まらない。
  • 外壁に亀裂クラックが目立っており、タイル等の落下がある。
  • 緑化、ヒートアイランド対策や断熱、断熱工法を取り入れたい。
  • 地下工事に不安がある。また、コンクリート改質をしたい。

当社では外壁塗装から内装工事までトータルでの改修工事も出来ます。
また防水工事においては既存防水(撤去不要)を利用した工法などもございます。
お気軽にお問い合わせください。

防水工事の種類

FRP防水

防水工事を施工するにあたり、FRP防水での施工をお勧めしています。

FRP防水とは
FRP*防水とは、優れたFRPの特性を防水分野に応用したもので、防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。FRP防水は、液状の不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加えて混合し、この混合物をガラス繊維などの補強材と組み合わせて一体にした塗膜防水です。したがって出来上がった防水層は、継ぎ目のないシームレスな層となり、外観的にもきれいな仕上がりとなります。
*FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で、ガラス繊維などの強化材(補強材)で補強したプラスチック、という意味です。FRPは数々の優れた特性を持っており、例えば強度・耐水性・成型性が優れていることから、船舶、水槽、バスタブ、波板、自動車、屋根材等として広く使用されています。
FRP防水工法の特徴
ジョイント部からの漏水に対する信頼性が高いです。
強靭な防水層、優れた耐水性
歩行用の露出防水で、優れた防水性・耐水性を備えています。
軽量で、均一塗膜を形成
ガラスマットに樹脂を含浸した軽量かつ強靭な防水工法です。
躯体に追従し、密着性も良いので安心
軟質ポリエステルを主成分とした防水層で、躯体の動きに追従し、高い密着性も備えます。
施工が容易で、役物の仕舞いも確実
ローラーによる簡単施工でコテ塗りの技能を必要としません。
工期もスピーディー
他の防水工事に比べ工期が短く、また補修もカンタンです。
ウレタン防水
ウレタン防水とは
ウレタン塗膜防水は、液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、塗布した材料が化学反応して固まる(硬化)と、ゴム状で弾性のある一体性のある防水膜が出来上がります。液体状の材料を使って現場で仕上げる工法なので、複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない完全な防水膜を形成できるのが特徴です。
シート、FRPなど他の防水材料との複合防水工法は、性能面・意匠面でも豊富なバリエーションと信頼性の高さから、一般の屋上から屋上をテニスコートに、またマンションの開放廊下・階段室、ベランダ・ルーフバルコニーなど様々な用途に対応出来ます。
耐久性と改修方法は?
ウレタン塗膜防水の耐久性は、防水仕様(防水層の厚さなど)、メンテナンスの良否、屋上の使用状況などによって異なります。
標準的な例として、国土交通省X‐1仕様のケースを考えます。
5年程度毎に最上層の保護仕上塗料を再塗布していますと、15年程度の耐久性(防水性能の保持)が期待できるでしょう。
脱気絶縁機能が前提ですので防水層にはフクレ、破断がない状態であるはずです。
したがって、10~15年目の改修時には既存防水層の撤去や下地処理などの手間がかからずウレタン防水材の再塗布(2~3kg/m2の増し塗り)のみで済みます。
このことは、改修工事としては大変簡単な工事であり工期を大幅に短縮でき、コストの点でも全面改修に比べ1/2ないし1/3のコストで抑えられるのです。
改修時に撤去した廃材が出ないということは環境保全、処分費用の削減、資源有効利用の観点からも大いに評価されるでしょう。
以上の点からウレタン防水は10~15年目の改修時においても非常にメリットの大きい工法であると言えます。
長持ちさせるために大切なこと
それは施工時の塗膜厚の管理です。塗膜防水の膜厚が薄い部分は、紫外線や熱により早期劣化が生じやすく、地震や気温の変化による建物の伸縮から発生する下地の挙動に追従できずに、破れ・亀裂の原因となります。
ペンキを塗るような、薄っぺらい施工では長持ちしません。所定の材料使用料を守り、なおかつ均等に塗布することが大切です。